アルパインのスピーカー「DDL-R160S」試聴したよ!!〜音質と評価はいかに〜

みなさんこんにちばんは♪( ´θ`)ノ

前に友人の車についているアルパイン製の「DDL-R160S」というカースピーカーを試聴したので、感想を書こうと思います。

スポンサーリンク
レスポンシブ

純正の音に不満

友人は、ディーラーの担当の営業に今の純正スピーカーに不満があり悩んでいることを伝えた所、アルパインを勧められたとのこと。  

なぜ僕に相談してくれないんだぁぁぁぁぁぁぁ(T ^ T)

a1640_000308

おかしくないですか?オーディオ大好きな僕に相談しないなんて!?

アルパインを勧められた理由は、営業が自分の車のスピーカーをカロッツェリアからアルパインに変えて満足したからだそうです。

営業はディーラーの試乗車の純正スピーカーと、自分が通勤で乗ってきているアルパイン(このモデルと同グレードの2年前モデル)の聴き比べをさせてくれたそうです。

うんうん。 なんて優しい営業さんなんだ!感謝感激ですね。

当たり前ですが、純正スピーカーとの違いは歴然でしょうね。こんな音が聴けるんだと嬉しくなり、即決でこのモデルを購入したそうな。  

満足したならオッケーですが、もっと色々な音を聴かせてあげたかったな。

評価

長所

このアルパインのスピーカーは低音がどんどん響いてくるのが好きです。

ドアの薄い奥行きの中でこの低音が出るのはすごいと思います。低音のキレもよくロックやJ-popの低音を楽しめる良いスピーカーですね。  

でも、低音なら僕のDLSのRC6.2の負けませんよ〜〜♪(´ε` )

友人は1人で聞いている時には、いつもイコライザーの設定は低音を大きくして、お腹に響いてくるくらいの低音で聴いているそうです。

視聴した時のイコライザーの設定は見ませんでしたが、どうなんだろうか?

うーん、気になる…また聞いてみなければ!

僕はバランス重視なので、こういった設定はあまりしませんが、友人が満足しているならそれが一番です。

そうです!オーディオに正解などないのです。

自分が気に入った音が正解なのです!!

大金かけて自分の最高の作ったシステムを、他人が聴いても最高と思えるかわからないですよね?

今いいこと言ったでしょ?見ました?見てくれましたか?むふふふ( ^ω^ )

ツィーターについては少しシャカシャカした印象ですが、これもJ-popの音楽で聴くボーカルと高音を聴くなら十分良い音だと思います。  

コンサートなどのライブ音源は、会場の反響音をよく拾ってくれて心地よい音です。

短所

友人はロックやJ-POPの他にジャズが好きです。ジャズの中でも少人数の演奏では高音がほしいのですが、途端に高音がこもって物足りなくなるのが少し気になります。

ビッグバンドの演奏はさほど気になりません。低音込みで聴けるからでしょうか。仕方ないので高音を響かせるのは諦めて、J-popの設定で聴いているそうです。

こちらの方がまだ高音、低音が鳴るので高音の雑さを誤魔化せます。この違いは、高音だけが頑張らないといけないジャンルの音楽で顕著に粗さがわかってしまうからなのだと思います。

まとめ

高音だけを楽しむというジャンルの音楽にはあまり向いていませんが、低音はなかなかよかったです。

それでも高音、低音をバランス良くまとめているこのスピーカーは、純正スピーカーからの変更であれば、かなり満足度の高い楽しいスピーカーだと思います。

それでは今回はこのへんで!

また次回をお楽しみに(^^)/~~~

The following two tabs change content below.

ヒロウマ

XV乗りのアラサーの♂です。 大阪府在住で趣味は競馬、音楽鑑賞、車いじりです。 車に関することを書いていこうと思います。 みなさんのお役に立てれば嬉しいです! コーヒーが大好き♪( ´θ`)ノ
スポンサーリンク
レスポンシブ
レスポンシブ

よろしければシェアお願いします♪

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

トップへ戻る