カロッツェリアのコアキシャルスピーカー「TS-F1730」買ってみた〜評価と音質〜

みなさんこんにちばんは♪( ´θ`)ノ

だいぶと涼しくなってきましたね。

これから秋がやってきますよー!

さて、今日はカロのコアキシャルスピーカー「TS-F1730」のレビューをしたいと思います。

復習ですが、カーオーディオの音をよくするために、まずすることを先にお話しします。

前の記事と重複しますが、読んでいない方のために書いちゃいます。

レビューもちゃんと書きますからね(^_^)v

スポンサーリンク
レスポンシブ

ヘッドユニット、カーナビの交換

やはりまず最初にすることは、「スピーカー交換」もしくは、「ヘッドユニット」の交換になりますよね。

ナビは高価ですから、ここでは前に紹介したBluetooth対応のDEH-7100をまず購入してみるなんていいですよね。

音質重視ではありませんが、機能満載で楽しめますよ。

Bluetooth対応のパイオニア「DEH-7100」の評価〜みんなで使えるって地味にスゴイ〜

純正交換タイプ、スピーカーに交換

入口(ヘッドユニット)を変更したら、出口(スピーカー)も変えたい。

そこで5,000円位で音質アップできるスピーカーがあるんです。

コアキシャル2ウェイでウーファーの真ん中部分にトゥイーターが内蔵させているタイプのスピーカーユニットざんす。

カロッツェリアなら「Fシリーズ」、「Jシリーズ」がそのタイプとなっています。

今回、友人があまり音質にはこだわりのない奥様用に、「TS-F1730」を買ったということで見てきました。

商品紹介!!

まぁ普通のパッケージです。購入金額はamazonで5,000円と少し!

1画像

付属品

もう豊富な付属品がとても魅力的です!

車種によっては取り付け説明書まで付属しているのがいいですね。

2画像

デザイン

取り付けすると見えなくなりますが、ウーファー部分のカーボンのような模様がカッコイイです。

画像3

取り付けして音質チェック

取り付けは純正配線使った手軽にできる、ただのポン付けです。

ん?なんかいいかも、、なにがいいって?音でございますよ。

ツィーターとウーファーが別のスピーカーユニットになっている「セパレートタイプ」は、ツィーターとウーファーの取り付け場所によって音の音域のバランスをとることが重要になってきます。

コアキシャルスピーカーは、同じスピーカーユニットにウーハーとツィーターがあるので、シビアな取り付け、設定無しでそれなりの音が楽しめます。

低音、高音の音域のバランスは素晴らしく、ただ足元のドア部分取り付けですので、音が下から出ている感じはわかります。

「TS-F1730」はカロッツェリアらしい、元気なサウンド、動きがいいと感じるいいスピーカーです。

あまり音質にこだわりはないけど、純正スピーカーはちょっと、、

まずは安値ではじめてみよう

って方に、おすすめします。

耳が肥えてる方に満足は厳しいかなぁ。

でも、値段以上の価値はあると思いますよ!

まとめ

最初のカーオーディオとして、安値のへッドユニットとスピーカーを組み合わせ、純正配線を使って手軽に違いを感じることはできると思います。

最初にこの段階からはじめて少しづつ自分好みの音を探すのもいいと感じました。

組み合わせ例

・カロッツェリアDEH-7100

・カロッツェリアTS-F1730

なかなか最初からハイエンドの機種は購入しづらいところです。

2万チョイではじめられる簡単なことからはじめてみませんか?

TS-F1730でも満足できるかも、ですよ♪(´ε` )

スピーカーのサイズは注意してくださいね。

ちゃんと、ご自分の車に取り付けれるか確認を。

サイズ違いもあります。

それでは今回はこのへんで。

また次回をお楽しみに(^^)/~~~

The following two tabs change content below.

ヒロウマ

XV乗りのアラサーの♂です。 大阪府在住で趣味は競馬、音楽鑑賞、車いじりです。 車に関することを書いていこうと思います。 みなさんのお役に立てれば嬉しいです! コーヒーが大好き♪( ´θ`)ノ
スポンサーリンク
レスポンシブ
レスポンシブ

よろしければシェアお願いします♪

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

トップへ戻る