シーシーアイ「スマートミスト」シリーズを使ってみた〜効果と評価〜

みなさんこんにちばんは♪( ´θ`)ノ

愛車のテカり具合はどうですか?

買った時はメタリックがキラキラと輝いていたのに、今じゃマットカラーだよ〜なんて方いませんか?

「こまめに綺麗にしておきたい」

「時短で輝きをよみがえらせたい」

なんて方に耳寄りな情報を今日は取り上げてみますよ♪

スポンサーリンク
レスポンシブ

今までいろいろ試してきた方でも頼れるやつ

洗車にはワックス・コーティングまで、世の中には無数の道具と溶剤が存在します。

それぞれの特徴があるので、自分の用途とその特徴をマッチさせることが大切です。

今回の「スマートミスト」シリーズは、いうなればシャワーの時に使えるボディーローション。

洗車して濡れたボディにシュッとスプレーし、水滴を拭き取りながら塗り広げるだけです。

実はこういった説明のものは選びきれないほどあります。

例えば前に書いた

シュアラスターのコーティング剤「ゼロウォータードロップ」を使ってみた〜効果と評価〜も同類の商品です。

簡単」「ワンステップ」などというキーワードは見飽きました。

確かにスマートミストも同様の説明ですが、「繰り返し施工することによってボディ表面の平滑度が高まり・・・」という部分はなかなか興味深いポイントだと思うのです!

img004

CCI スマートミスト のサイトより引用

実際使用してみた感じですが、ふき取り終わった後のベタっと残る感覚もないし、かといって効果が希薄という感じもないのです。

これはお手軽で頼り甲斐がありそうですよ♪

コーティングは「ガラス」がいいよね

洗車・ワックス・コーティングって千差万別、十人十色ですよね。

スマートミストシリーズのように自分で施工するものから、専門業者に施工を依頼するパターンまでやり方もいろいろあります。

でも、一番肝心なところって「愛車を綺麗にしたい」といったことなんだと思うんです。

洗車にもコツがたくさんありますが、(今回はコーティングのお話なので洗車ネタは別の機会に)
せっかく綺麗にしたボディを保つには、ガラス系のコーティングがすごくいいような気がします。

自分で作業するにあたってベタっとなるワックスが苦手な方、結構いませんか?

白く残っちゃったり、拭き取り甘くてギラギラしたりすることも。

その点ガラス系は付き合いやすいのかなって感じます。

そして、なんといってもツヤと水弾きがイイ!!

ところがガラス系のコーティング剤は、「溶剤1と2を容器3に混ぜて・・・

なんてプロセスが多くてちょっと難しいことも多いです。

効果が強く持続性がある分手間は仕方ないのですが、スマートミスト”シリーズは使い方は簡単だし、なによりも繰り返し施工することでいっそうつるつる、ピカピカに。

用途別に嬉しいラインナップも大きな魅力

スマートミストシリーズはシリーズというだけあって、ラインナップが豊富です。

とりあえず試してみたいという方向けの60mlサイズから、500mlの詰め替え用までいろいろ容量の選択もできるんです。

最小サイズの60mlはバイクにも最適♪

そして「水玉じゃなくスパッと水切れしてくれる方がいい」という方向けの
スマートミスト 親水タイプ

細かな水玉にしてはじいでくれる

スマートミスト 撥水タイプ

さらに、コーティング成分がキズを埋めて輝きを取り戻してくれる

スマートミスト キズ消し撥水タイプ

も最近ラインナップに加わったみたいです!

シーシーアイという会社は、ブレーキオイルやクーラント、吸音・制振材を作っている会社なんです。

工場やテーマパークなどにあるいろんな機材の車輪を開発するなど、戦後復興期から安全とか快適をテーマに研究開発してきているようなので、実力は折り紙付きって感じがしますよね♪

最近、カー用品店で店頭キャンペーンが行われていることも多いので、要チェックです!!

シーシーアイ「スマートミスト」シリーズ
洗車後のコーティング材選びの参考にしてみてくださいね♪(´ε` )

それでは今回はこの辺で!

また次回をお楽しみに(^^)/~~~

The following two tabs change content below.

ヒロウマ

XV乗りのアラサーの♂です。 大阪府在住で趣味は競馬、音楽鑑賞、車いじりです。 車に関することを書いていこうと思います。 みなさんのお役に立てれば嬉しいです! コーヒーが大好き♪( ´θ`)ノ
スポンサーリンク
レスポンシブ
レスポンシブ

よろしければシェアお願いします♪

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

トップへ戻る